ハーブや精油は特別なものじゃなく、すべて私達の立っている大地に根を張った植物から生まれたもの。暮らしのなかでココロとカラダを支えてくれる、ハーブやアロマテラピーの魅力が、伝わりますように。ハーブとアロマテラピーの講座と関連商品の販売をしています。

 

暮らしに活かす・・・

 

いつもそばにあるハーブや香りは、こころやからだがつぶやくと、すぐにそっと寄り添ってくれる、優しく頼りになる存在です。

 

ながく仲良くお付き合いしていただけるよう、日々の暮らしの中での、つかい方や楽しみ方のページです。

ハーブティーも基本的には、入れ方も楽しみ方もほぼ普通のお茶と同じ。ポピュラーなカモミールやレモングラス以外にもいろんな味や香りがありますので、気軽にお楽しみください。

~ホットハーブティーの入れ方~

  1. ティーポット&カップはあらかじめ温めておきます。ティーカップ一杯(150~180cc)に対して、ティースプーン山盛り1~2杯のハーブをポットに入れます。
  2. 沸騰から一呼吸おいたお湯(95℃前後)を静かに注ぎます。香りが逃げないように素早くふたをします。
  3. ふたをしてから3~5分蒸らします。(花や葉は3分、ローズヒップなど実は5分が飲み頃。)蒸らし終えたら、ティーポットを水平に軽くまわし濃 さを均一にした後、すぐにハーブを取り上げます。

 

 

~いろいろなお味で~

  • アイスで
  • はちみつなどで甘みを加えたり、レモンや果物を浮かべて
  • 緑茶や紅茶とブレンドして
  • ジュース、ミルクで割って
  • ワインに漬け込んで
    • ハーブティーは、香りとともにいただける1煎目を大切にしますが、2煎目も味わっていただけます。
    • 葉を置いたままにすると、苦味や渋みが出てしまうので、葉はすぐに上げるか 注ぎきってください。

 

 

Q1.ティーポットがないんだけど

 

  • 急須でも大丈夫です。ガラスのティーポットで・・・という印象があるけれど、出具合を見たり、色の変化を楽しむということから、中の見えるガラスポットを使用しています。ご家庭で気軽にいただくには急須でもOK

 

Q2.ふたはしなくてもいい?

 

  • 十分魅力を引き出すためにも、フタがない場合はソーサーなどでも必ずフタを。ポットや適当な急須がなくてもOK、大きめのマグカップで入れて、茶漉しで漉して・・・という方法でも美味しく入れられますが蒸らすことによって、味も香りも数段違ってきますし、ハーブならではの香りによるアロマテラピー効果も期待したいものです。

 

Q3.葉のかたづけが面倒なんだけど

 

  • ティーパックのものや葉をお茶パックに入れると確かに簡単便利ですが、でも、十分に成分を抽出し、香りを引き出すには、花や葉っぱを十分泳がせるのは大事です。



手間がかかっては気軽に飲みたい気分も失せるもの。フタと茶漉しのついたティーカップなどを使うと、気軽に楽しめます。ポットやフタ&茶漉しつきカップなど茶器も取り扱っていますので、お気軽にお問い合せください。

植物から抽出した、揮発性の香りの液体を「精油」と呼びます。自然療法のうち、精油を用いて、心身をリラックスさせたり、バランスをとったりすることをアロマテラピーと呼び、その方法はいろいろです。

アロマテラピー(芳香療法)の楽しみ方のいろいろ

 

  • (芳香浴)
    香りを漂わせる方法で、リビングでリフレッシュ、勉強部屋で集中力アップに、寝室やお風呂でリラックス、風邪の季節にウイルス対策などいろんな場面で楽しめます。

 

  • (手浴・足浴・半身浴など)
    オイルなどに希釈したり、バスソルトなどを用いて洗面器やお風呂で活用します。

 

  • (アロマトリートメント
    精油を希釈したオイルで、手足やカラダのコンディショニングやケアを行います。

 

  • (吸入)
    マグカップや洗面器などでお湯の蒸気とともに香り成分を体に取り込む方法です。

そのほか・・・

 

  • (スキンケアに)
    精製水やキャリアオイル、クレイやミツロウなどを使いローションやクリームなどを作り、日々のお手入れやパックや美容オイルなどのスペシャルケアを楽しめます。

 

  • (ハウスキーピングに)
    重曹やアルコール、蜜蝋などを使い、お掃除や家具のお手入れなどに使えます。

 

*アロマテラピーでは、「治療」を目的とする「あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師などに関する法律」によるマッサージや指圧などと混同を避けるためにアロマテラピーにおけるマッサージを「アロマテラピートリートメント」と表現しています。

アロマテラピーを安全に行うために

 

精油を使ったアロマテラピー(芳香療法)は、正しく行えば、特に危険なものでなく、どなたでも快適と感じる範囲で行うことが可能です。

しかし、小さな香り分子が全身を巡り働きかける療法のため、アロマテラピーを楽しくかつ安全に楽しんでいただくためには、いくつかの大切な注意があります。

 

 

<精油を取り扱ううえでの注意>

  1. 精油は光や温度で変質します。キャップをしっかりしめて立てた状態で、涼しく暗い所に保管しましょう。
  2. 精油には、品質保持期限が記載されていますが、開封後は正しい保管状態で1年以内(柑橘系の精油は半年)に使いきりましょう。
  3. 引火する可能性があります。火気には十分注意しましょう。アロマランプやアロマポット等の火気には十分お気をつけ下さい。
  4. 原液を直接肌に塗ったり、飲んだりしないようにしましょう。
  5. 小さな瓶、香りがする。。精油はお子様やペットの興味をそそり、事故も増えています。手の届かない場所にしっかり保管しましょう。
  6. アロマテラピーとは、100%植物から抽出された精油を使う自然療法です。精油に似た外見で売られている合成のアロマオイルやポプリオイルは、アロマテラピーでは用いません。

 

< 精油のご使用上の注意 >

 

  1. 妊産婦の方、ご高齢の方、その他敏感な体質の方は、香りに反応しやすいことがありますので慎重に行うことをおすすめします。不快感や異変を感じる場合はすぐ使用を中止(芳香浴の場合は換気するなど)してください。妊娠中の方は事前にかかりつけのお医者様にご相談されることをおすすめしています。
  2. 3歳未満の乳幼児には、お部屋に香りを漂わせ香りを楽しむ方法以外はおすすめしません。また、3歳以上のお子様でも、大人より少ない量・濃度で精油を使用しましょう。
  3. トリートメント(オイルで希釈し肌に塗るなど)の際は安全性確認のため、事前に*[パッチテスト]を行い、異常がないことをお確かめください。
  4. トリートメントの途中で、異常(赤み、はれ、かゆみや刺激)が現われた場合、ただちに中止し大量の水で洗い流して下さい。(場合によっては石鹸などを使用する)
  5. ベルガモットやレモン等の柑橘系果実の皮を圧搾して採った精油には、光により反応し肌に刺激を与える(光毒性)成分が含まれていることがあります。これらの光毒性の可能性のある精油は外出前や外出中の使用はお控え下さい。
  6. 専門家によっては、内用として用いることがありますが、精油には様々な成分が凝縮されており安易には行えない療法です。
    飲んだり、目の周りや粘膜への使用は避けて下さい。もし、誤って飲んでしまった場合は、吐かせず清潔な水で口をすすぎ、精油の名前が分かるメモや瓶を持参し、直ちに医療機関を受診してください。

 

*パッチテストとは…

  • トリートメントに使用する濃度で作ったオイルを腕の内側に塗り、異常がないか24時間から48時間テストすること。途中異常(赤み、はれ、かゆみや刺激など)が現われた場合、直ちに中止し、大量の水で洗い流す。必要と感じた場合は医師の診察をうけてください。

 

Copyright(c) 2013 - 2016 Herb & Aroma teku-teku. All Rights Reserved.