「徳島県内の高地にある畑で自ら栽培したハーブを使った

オリジナルのブレンドハーブティーです。

新鮮で優しい美味しさで毎日をより健やかに…

からだもココロも内側からサポートするハーブティーをご用意しています」

デトックスやアレルギーなど体調にあわせ、お話を伺いながらお作りするオリジナルブレンドについてもお気軽にご相談ください。

ショップのイメージに合わせたオリジナルのブレンドや、特別な日のギフトやノベルティーのご相談も承ります。

 

 

 

 

  • ハーブティーはお薬ではありません。治療目的でのご使用はご遠慮ください。
  • お薬を服用されている場合は、かかりつけのお医者様にご相談ください。
  • 医薬品と併用した場合、相互作用の結果として作用を強めり弱めたりする場合があります。
  • 妊娠していると思われる場合と授乳・妊娠中の方の服用は、ご注意いただくハーブがございますので、あらかじめお申し出ください。

ハーブへのこだわり

栽培地と安全性について

 

徳島県内のハーブ畑において、農薬を全く使わない方法にて栽培しています。

畑は[ 不耕起自然農法 ]を軸に、冬季の凍結による枯死予防には、自然林の広葉樹の落ち葉・自然腐葉土・有機無農薬栽培米の藁・籾などを使用しています。

自然林は何年もの間に、深く根を張り地中奥深くのミネラルなど豊富な栄養分を吸い上げています。自然腐葉土においては、数千もの微生物が存在しているといわれます。結果的これが肥料となっています。

有機栽培認定機関の認定は受けておりませんが、過去にこの土地で化学肥料を使用したことはありませんし、勿論ハーブの栽培をはじめて以降もありません。

ただ、これはこだわってそうしたわけではなく、ハーブを育てているにあたり、自然とそうなった栽培方法です。

害虫についても、周辺には虫たちがすきな植物が、ハーブ以外にもたくさんあるため、特定の植物に集中することはありません。コンパニオンプランツの活用、ハーブの持つ忌避作用(虫などを寄せ付けない作用)によるものも、そして高い標高や風通しなど、自然条件によるものもあるかと思います。

収穫は、収穫前後の天候と生育状態を見ながら、状態の良いもののみを全て手摘みにて行っています。

今後の生育を止めたり、無駄に取り過ぎることのないよう心がけています。

乾燥は、目視による点検などを行いながら、天日自然乾燥にて行っています。

teku-tekuのハーブティーに使用するもので、気候条件等によりこの畑で栽培していないものや栽培できないものについては、信用のおける生産者さま及びメーカーさまのものを使用しています。

ブレンドハーブティーに使う自家製ハーブは全て収穫から1年以内のものです(ダンディライオンは2年)。

ブレンドは、[適切な使用により安全に摂取できるハーブ]を基本にしています。

 

ハーブ畑のそばには、工場はおろか民家もそして公道からも遠く離れています。

聞こえるのは、風の音、鳥のこえ。

徳島で、私たちと同じ水と同じ空気を吸って育ったハーブは、私たちの体や気持ちをよくわかってくれる気がします。

自然界のバランスの恵みをうけ、畑においてハーブの害虫の発生はほぼありません。

虫たちさえ、私たちの口に入るのを応援してくれているかのように思えます。

大昔からハーブが、体とこころを支え、助けてくれる力を持っていることは、多くの人に知られ日常に使われてきました。

そして、そのパワーが何なのか、成分の分析や臨床の結果が次々と得られています。

ハーブのある生活の提案をするものとして、常に安全性に注意するとともに、ポジティブな考え方で人を支えるハーブをご提案していきたいと思います。

 

Lesson Order How to Blog Top page

 

PC

site

 

ハーブや精油は特別なものじゃなく、すべて私達の立っている大地に根を張った植物から生まれたもの。暮らしのなかでココロとカラダを支えてくれる、ハーブやアロマテラピーの魅力が、伝わりますように。ハーブとアロマテラピーの講座と関連商品の販売をしています。

公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ) アロマテラピーアドバイザー認定教室

NPO法人日本メディカルハーブ協会  (JAMHA)  メディカルハーブ検定認定教室

Copyright(c) 2013 - 2016 Herb & Aroma teku-teku. All Rights Reserved.